須藤昭男のホームページ

みどり市創生

須藤昭男からのメッセージ

走り続ける!

みどり市は県内で12番目の新市としてスタートして12年。 地方分権の進展に伴い『みどり市総合計画』で示された新しいまちづくりを行政と市民が一体となって取り組んだ12年間でした。
そして、今後さらに少子高齢化、人口減少、地方産業の低迷、地域コミュニティーの希薄化など、まだまだ解決すべき課題は多くあります。
『みどり市をもっと全国に誇れる街にしたい。』 私は38歳から19年間、その思いを胸に、群馬県議会議員として活躍してまいりました。
その間に培った経験と人脈をフルに活用して「みどり市創生」に責任と情熱を持って取り組む覚悟です。
市民のお一人、おひとりが「みどり市に住んでよかった」と思える街にするために、市民の皆さんと共にこの故郷”みどり市を愛し、知恵を絞り、汗を流すリーダー”として、
私、すとう昭男は走り続けます。
トップページへ戻る
PCサイトへ移る

すとう昭男の公約

1.いきいき・みどり市・活力創生!

・定住・交流人口の拡大

みどり市の魅力をアピールして、地域外から若い人材を積極的に受け入れて、移住・定住を促進します。観光客や滞在者の拡大で、地域に活力をもたらします。

2.安全・安心を守る、地域力の創生!

・地域で支える福祉と地域包括ケアの推進

住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けられるよう「住まい」・「医療」・「介護」・「介護予防」・「生活支援」を切れ目なく提供できる体制を整備。住民が互いに支え合う福祉の仕組みを構築して活動への参加を支援します。

・障がい者福祉サービスの充実

・豪雨・暴風や巨大地震など災害に強いみどり市

・鳥獣害対策の活動予算を増額し強化します

3.市民一人ひとりの輝きを大切に・・

・女性の活躍できる社会環境づくり

・きめ細やかな教育と地域に即した教育環境の整備

・子育て環境の整備と充実

・スポーツで市民の絆を

スポーツを「する」・「観る」・「支える」ことで、市民の絆を醸成します。
競技スポーツ、生涯スポーツをさらに振興して、健康寿命の延伸にも取り組みます。

4.『環境立市・創生!』産業・観光をもっと強く!

・”環境立市”宣言!「環境・新エネルギー産業」の発展

『豊かな森林、渡良瀬川の清流』など自然を活かし、経済発展と環境の調和する全国のモデル都市となる「環境・新エネルギー産業」の発展と集積を進めます。

・木材・木質エネルギー産業の育成と、エネルギーの地産地消で森林・林業活性化

・最新技術で、活力ある農業施設を推進

・世界遺産ゴールデンルートの整備で観光誘致

世界遺産の『日光の社寺』と『富岡製糸場と絹産業遺産群』を結ぶゴールデンルートを整備し、広域観光を推進し、みどり市にさらなる観光客を誘致します。

・みどり市の魅力再発掘で観光誘致

・幹線道路「渡良瀬軸」の整備と産業団地の誘致による雇用創出

・鉄道4路線(JR・東武・上電・わ鉄)の利便性の向上

5.市民のために、がんばる市役所・効率行政

・職員が能力を発揮できる市政。「行政のプロ」育成と組織の強化

・職員の意識改革と女性登用を含めた人材育成に努めます。

・効率的な行財政運営、広域市との連携の推進

・産業界、大学や研究機関、県や国と市行政との連携を推進

・市長のトップセールスで、みどり市ブランドの販路拡大

トップページへ戻る
PCサイトへ移る

すとう昭男のプロフィール

すとう昭男

(すとう あきお)

桐生南高校卒業後に青山学院大学へ進学、在学中にアメリカ等海外へ渡り見聞を広げ、卒業後は国会議員秘書として12年間経験を積む。
平成11年に群馬県議会議員初当選、文教警察常任委員長、産業経済常任委員長、決算・行財政改革特別委員会委員長、自民党群馬県連・政調会長・県議団長・幹事長(3期)などを歴任し、更なる群馬県・みどり市の発展のために奮闘中。

【現在の役職】
 群馬県スポーツ協会副会長
 群馬県相撲連盟会長
 群馬県特産協会会長
 群馬県セーリング連盟会長
 社会福祉法人理事・評議員
 自民党みどり市支部支部長

トップページへ戻る
PCサイトへ移る

みどり市創生

4 ページ

コンテンツ

みどり市創生